日記

2021年12月31日 金曜日

--2021年、最後の日。 --と書くと終末感がでてくる。 --大晦日。

2021年12月30日 木曜日

--今年も12月30日か。明日は大晦日。 --クリスマスが終わってから大晦日までの時間が結構好きだったが今年はそうでもなかった。たぶんそんなことどうでも良くなったのだろう(自分が)。 --2021年は大変な一年だった。どうも2020年からずっと時間が壊れてし…

2021年12月29日 水曜日

--昨日で今年の仕事が終わって今日は休んでいる。まあ掃除とかもしつつ、だが。 --2021年って打とうとして、2029年って打とうとてしまった。29日と2021年が頭の中で混じったからだろう。2029年、どんな時代になっているのか。7年ほど未来。 --2022年は一月、…

2021年12月28日 火曜日

--相変わらず寒いが昨日より2度くらい暖かい。 --変な人は大抵、無礼。つまり人を見て行動を決めている。

2021年12月27日 月曜日

--とても寒いが天気は良い。 --師走なのに労働。辛い。 --年間ベスト40、書けたので良かった。来年の自分への忘備録でもある。去年の年間ベスト、いまだに見返していろいろ再確認したりもするから、やはり自分の年間ベストは大切。今は情報量が膨大に押し寄…

2021年12月26日 日曜日

--とても寒い朝。 --2021年もあと僅か。 --昨晩ローレン・コナーズの『Domain Of The Wind』を聴く。これは素晴らしいな。 --朝、Helado Negro『Far In』を聴く。4ADからのリリース。 --昨晩見たTHE SPELLBOUNDのライブの配信が本当に凄かった。THE SPELLBOU…

2021年12月25日 土曜日

--年間ベストをアップできて一息。去年と同じ24日にアップしたかった。 --なんとなくDIIVが二年間にリリースした『Deceiver』を聴いた。 --今年の冬の気候は何かおかしいというか変だ。

2021年12月24日 金曜日

--金曜日がクリスマス・イヴなんて。 --昨晩、オヴァルの突然の新作リリースに驚いて聴いてみたら最高の作品で浮かれていたら少し風邪をひいたみたいだ(コロナでありません)。夜は暖かくて早く寝た方がいいです。 --音楽をまっすぐに信じること。 --アニメ…

2021年12月23日 木曜日

--もう年末的な感じは世の中から消えた気がするが、自分が歳をとったからそう見えるだけかもしれない。でも寒いのは12月だ。 --今年の12月は強風が多い。地震も怖い。 --朝、リチャード・ヤングスの『CXXI』を聴く。声とオルガン・ドローン。素晴らしいです…

2021年12月22日 水曜日

--昼は暑く夜は真冬。けっこう辛い気候。 --来週から仕事再開。ああ、大変。年末なのに。 --小沢健二の新曲、「運命」の方が良くてはまってしまう。歌詞ではなく音楽の作り方。歌謡曲作曲家・小沢健二の異質さと正当性。場面転換の妙。復活後でももっとも良…

2021年12月21日 火曜日

--日中は暑いくらいで、夜になると寒くなる。そのせいか体調がすぐれない。 --悩んでいた年間ベストがどうにかまとまりそう。発表しないとか書いてしまったが一年の区切りとしてやはりアップすべきかと考えて練り直している。年末までにはなんとかしたい。 -…

2021年12月20日 月曜日

--病院に行った。三ヶ月ぶりの通院。ほとんど良くなったのでこれで通院はしなくても良いという。良かったけど、少し寂しい感じ。長かったな。 --それにしても寒い。 --ふと思い立ってブログ用の年間ベストをまとめ直す。発表できればいいけど。

2021年12月19日 日曜日

--朝、とても寒い。 --来年は頑張る。主に音楽聴取と音盤入手。 --12月はいろいろと整理。本を読む。 --この年末年始は、ボードレールとベケットを。

2021年12月18日 土曜日

--昨晩は風が強かった。強風は怖い。 --思うところがあってゴダールの『はなればなれに』を観直した。1964年の作品。ゴダールの作品ではもっとも地味な映画かもしれないが、もっとも幸福なフィルムともいえる。この「幸福さ」はほんの一瞬のものだったことは…

2021年12月17日 金曜日

--朝は雨。冷たく寒い。 --個人であること。個人でいること。孤独であること。孤独を選ぶこと。 --自分のような年齢になると、人生が縮減していることを感じ初めている。当たり前のことだがそれに気が付くには多少の年月が必要だった。 --他人からの理解。他…

2021年12月16日 木曜日

--この一週間で急速に寒くなった。 --音楽の趣味が同じことは大切だが、なかなか同じ人はいない。 --夜、少し風邪気味。風邪薬を切らしているので仕方なく過ごす。 --カフカを少し読む。 --来年1月、書肆侃侃房から佐川ちか全集が刊行されるという。快挙とい…

2021年12月15日 水曜日

--どうにか仕事が決まりそうだ。がんばろう。 --最近、どうも世間ではライターという仕事の実態がよく伝わっていないのかもしれないと最近のネットでのあれこれやや、あれやこれやの記事などをみてると思ってしまう。特に「なりたい職業」の一位にライターな…

2021年12月14日 火曜日

--火曜日。今日は寒い。 --音楽好きからは舐められがち、かつ嫌われている。ツイッターをやっていると「ハブられている」のが実感として分かる。多分、自分と音楽好きには人としてのタイプが大きく違う。知識量も違う。熱量も違う。そして彼らの人生観、倫理…

2021年12月13日 月曜日

--労働からの解放。それは自己の生を満喫できるとき。だが解放だけされて、労働を放棄するとやがて死に至る。労働は死であり、労働からの解放もまた死への道である。人間の生はこうして絡め取られながら消費の只中に沈み込んでいく。資本主義の悪夢とはこの…

2021年12月12日 日曜日

--211212 --良い感じの数字の並び。日付のことだが。 --去年でたオウテカのSIGNを朝から聴く。このアルバム、いまだに新しい音楽理論を生み出してしまったような作品におもえる。わかりやすいのだが、トータルでも細部でも掴みにくい謎がある。 --今日も労働…

2021年12月11日 土曜日

--寒い。 --朝からアルトーを読む。

2021年12月10日 金曜日

--もう12月10日か。はやいものだ。 --師走ムードはあまりない。ただ危機が続くだけのような日々。辛い…。まああと少しだ。 --相変わらずジム・オルークを聴くだけの毎日の音楽聴取。

2021年12月09日 木曜日

--今日は暖かい。気がする。朝は。 --年間ベストアルバム。毎年、ブログなどで書いてきたけど今年はやめよう。そんな見識は自分にはない。他の人のを読むのは楽しい。 --新しい音楽から少しずつ脱落しつつある。どんなに情熱を求めても自分が若くなく、新し…

2021年12月08日 水曜日

--雨。 --やはり眠い。 --労働の日々、再開。

2021年12月07日 火曜日

--今日も休み。体力を復活させたい…。 --詩や短歌などが「流行って」いる状況だったのか。まあなんであれ自分には関係ない。ただ読むだけだ。一生。 --今日もベルンハルトの『昏乱』を読む。休日2日間はベルンハルトを読む二日間だった。 --ツイッターはあま…

2021年12月06日 月曜日

--ようやく休み。死んでしまう…。 --寝て体力を回復させる。 --鷲巣繁男の詩を読む。 --鷲巣繁男を読み、ジム・オルークの電子音楽を繰り返し接する日々。 --幻想に生きていれば幸福だが、そのために現実を生きていくしかないのは世界のバグではある。 --資…

2021年12月05日 日曜日

--辛い12月だ。 --小林坩堝『小松川叙景』を読む。東京のインダストリアルな詩情の果てにあるリアリズムと幻想。工業地帯と川。風と鉄。コンクリートと花と雑草。光と夜。真っ赤な小口をひき剥がすように読む。人と都市。とても美しい装丁。冷たくモノクロー…

2021年12月04日 土曜日

--土曜日だが本日も労働が続く。辛い。きつい。 --永遠の受難、苦しみか。 --何に救いを求められない。この程度では。 --ジム・オルーク新作がリリースされたので早速購入した。steamroom 57。電子音コラージュ。音が眩い。世界が溶けていく。

2021年12月03日 金曜日

--労働は疲れる。 --ジム・オルークばかり聴く日々。 --来月は2022年。今年はコロナの影響でさまざまな物事が断片化したような一年だった。

2021年12月02日 木曜日

--アルヴィン・ルシエが亡くなった。 --アンソニー・ギデンズ『モダニティと自己アイデンティティ』を読む。ちくま学芸文庫。 --自分は老害になった。そう自覚がある。ならば引きこもるしかない。迷惑を減らすために。 --現代詩文庫の鷲巣繁男詩集を読む。全…