2022年1月21日 金曜日

--今日は休み。束の間の労働という恐怖からの解放。

--明け方不意に現在のエクスペリメンタルミュージック(の諸問題)について考える。2019年以降、実は限界がきているのではという仮定。

--限界が来ているというのは旧来のそれが限界にきているだけで、新しい20年代以降のそれが胎動しているだだけともいえる。音楽は自律した生命体のようなら面があるから当然のことといえる。新・音楽の幕開けだ。

--最近ツイッターのいざこざがどんどん裁判沙汰になっている。これは何か変だ。裁判沙汰が変なのではなく、そこに防衛からくる過剰な暴力の意識を感じるからだ。

--ネットの争いは基本「後には退けない」という心理状態が促進させていると思うが、それが攻撃のリビドーになるのは当然過剰な防衛意識からだろう。SNS以降の人間には「自分の身は自分の身を守る」ことへの強烈なオブセッションがある。SNS攻撃意識の根底はここにある(のではないか)。