2010年代とは何だったのか

 2010年代が終わってから、2年ほどの月日が流れたにも関わらず、「2010年代の総括的なもの」はあまり頻繁には行われていないような印象だ。むしろ2010年代が未だ継続しているような錯覚すら持ってしまうのだ。

 2010年代は、中頃(2015年)あたりに爛熟期を迎えて、末期前(2018年頃)から急速に終わりを迎えていった、というのが私の認識だ。この年代は、基本的にはSNSによる「競争」の時代であった。むろん各種「政治」(の力学)も内包されるが、しかし「政治闘争」ではなく、いわば主張と主張の「競争」であったとすら思う。闘争ではなく「競争」の時代。それが10年代だった。

 そして「競争」とはSNSの情報テクノロジーに支えられていた(言い換えれば「動員」的な時代だった)。よって技術の時代でもあったといえるだろう。技術による数の動員。つまり2010年代とは「歴史」の時代ではなく、常にアップデート=更新を繰り返す「技術」の時代だった。還元すれば「歴史」が終わった年代でもあった。

 闘争ではなく「競争」。そして歴史ではなく「技術」。それによる数の動員。これらが「2010年代的なもの」ではないかと私は考える。そしてここに新たな「テクノクラートによるファシズム」の兆候(むしろ実践)を感じることは突飛なことではないだろう。そして現代2022年の各種状況をみると、10年代的なテクノクラートによるファシズム的状況がより促進されているように思える。

 これが10年代的なものがが総括しにくい原因ではないかと私は考える。総括とは歴史の賜物である。歴史ではなく、常に更新される情報テクノロジーが主体の時代では総括は起こり得ない。常に細部がされ、アップデートを繰り返すが、本質=OSはそのまま継承される。

 2010年代は終わっていない。むしろ「終わる」ということが終わったディケイドだった。拡張し、利用され、継続している。逆に考えればわれわれが「批判」すべきものが何かも見えてくる。10年代的な「歴史」の終わりを自明のもとして内面化して生きているものへの懐疑でもあり批判でもある。だがそれは自己批判でもある。そうである以上、その批判は20世紀敵なモダニズムのメランコリィでしかないともいえる。ではどうすべきか。とても困難な状況に生きている。